この作品は僕にしては珍しく、自分の中のイメージにかなり近いものに仕上がりました。もちろんお気に入りです。自分がお気に入りの作品は、意外に周りには不評である事も少なくありませんが、この作品に関してはなんと周りからも評判がいいという。